工事時に水と電気は御支給で☆

これは一般的な事例ですが工事時に必要な「水」と「電気」は

お客様(ご新居)からの支給でお願いします。と言うことです。
大きなリフォーム・・・例えば住戸内を全て撤去しスケルトン状態から
作り上げて行く様な工事の場合は一旦電気と水道はリフォーム会社が
契約し代金を支払いますが軽微な工事(2〜3日)の場合は
手間が多いのでお客様契約下において使用代金をお客様の
支給でお願いをしています。
概ねのお客様はご理解を頂いています。
ここまでは普通の流れですが稀に下記の様な「図々しい」業者さんも
います。(先日目の前にいました)
「あと、一日かかる工事なのでトイレも貸して下さい」
え〜!!ビックリ仰天です。(苦笑)
お客様の入居前(新築)にトイレを使う??
私には到底考えられません!!
大きなマンションでしたら共用部にトイレはありますし
小さなマンションなら管理人室にあります。
戸建て住宅なら近隣のコンビニにもありますよね??
果たしてこんな常識のない業者さんで良い工事ができるのでしょうか?(怒)
またオプション業者さんの工事でも稀にある事です。
応援に来た職人さんは判らないので住戸内のトイレを使う様です。
何が問題なのか?は簡単です。
一番の問題は工事にお客様が立ち会わない場合は、しっかり監理人を
付けると言う事です。
※上記の様な馬鹿な人間ではダメですが・・・。
また、決まった(教育されている)職人だけを使う事です。
繁忙期によくある応援部隊は当然教育されていないのでダメです。
購入する時にはショップ店員が常識人かを見極め
その人が監理するかを確認してから契約をしましょう☆

日時:2011年2月 9日 09:59

« 内覧会での指摘?トップページへ内覧会、物件ごとに対応が違う? »