ペンダントライトのジャンピング

最近はあまり聞かなくなりましたがペンダントのジャンピング?
これはダイニングにある照明用の電源位置とダイニングテーブルの位置が
合わない(ずれている)場合に任意の所へペンダントライトを降ろす為に
天井面へアンカーを入れ込、ジャンプさせる工事の事です。
これはマンションの場合には懸念される要因が沢山あります。
1、天井面が直にコンクリートの躯体(スラブ)の場合は共用部分に
  なりますので勝手には工事ができません。
  (しかも工事内容によっては重量制限もあります)
2、通常2重天井の場合は天井面にボードを支える為の桟が入っています。
  この桟にアンカーやビスを入れる事になりますがゼネコンの解釈は
  あくまでも天井の桟は天井面のボードを支える為のものですので
  照明器具の重量に耐えられる様な設計ではありません。
  ですのでペンダントの設置後に天井面が歪む場合もありますので
  この辺りはお客様の判断によるものになります。
  軽量のペンダントでしたら歪む事はあっても、しっかり工事をすれば
  落ちてくる心配は無いと思います。
3、上記の事からも分かると思いますが2の場合は桟の位置がお客様の
  要望される位置になるかは桟を探さないと分かりませんので
  調べる必要があります。
  桟が軽量鉄骨の場合は強力な磁石があれば捜す事ができます。
  木質系の場合は叩いて捜すしかありません。
  業者は捜す機械を持っています。
いずれにしても一般ユーザーさんでは解釈が難しいものもございますので
一度ショップに尋ねてみるのも良いかもしれません。
オプション業者でもOKです。

日時:2011年1月19日 09:50

« 良い内覧業者さんって??トップページへエコカラットとピクチャーレール! »