カーテンの房掛け位置??

皆さん、オプション会でカーテンを購入すると共布タッセルや房掛けがついてきますね。

(オプション会だと当たり前ですが)
問題は房掛けの位置です!!(高さではなく幅の位置です)
概ねカーテンボックスにレールが設置されていますが、ご覧の通りレールは窓枠よりも
大きくなっています。(概ね15〜20センチ程度各左右大きくなっています)
これはカーテンのたたみ代分を大きくとっている為です。
いわゆるレールの左右各エンドキャップ部分は窓枠よりも外に位置していますが枠自体は
内側にあります。(しつこくてすみません)
房掛けの理想の位置はレールエンドの真下位置(幅であり高さではありません)です。
考えて見れば分かる通りドレープ生地をタッセルで留めた場合にレールエンドより内側に
入ると房掛けよりもレース生地が内側に入ってしまいヨレていまいます。
しかしレース生地はレールのエンド部分から吊ってますから曲線を描いた様にヨレますね。
これは取付業者による怠慢が原因です。
原因その1:マンションの場合、外壁面はGL工法によりボードに下地が無い為
        無理やり窓枠材(木材)に止めている。(抜ける心配が無い為)
原因その2:普通房掛けはビス止めで行いますが経費節減(物も手間も)の為に
        両面テープの物を使う為
原因その3:通常、下地の無い所ではボードアンカーを用いて留めますが作業が面倒、
        または、知らない??
原因その4:販売時の簡略化で房掛けの事まで話しをしないので壁に穴が開けられない。
        あまり房掛けでクレームがでない為
簡単に抜粋してみましたがこんな感じだと思います。
オプション会での購入時や引き渡し時にキッチリ確認をしてから作業をお願い致しましょう。

日時:2011年1月14日 10:36

« 断熱フィルムの熱貫流率とは?トップページへミーレのビルトイン食洗機 »