人気復活のバルコニータイル!

一時人気の下ったバルコニータイル施工ですが、ここのところ人気が復活してきました。

理由はバリエーションが豊富になった事と認知度が上がった事かと思います。
但し価格は依然とお客様の予算とかけ離れた部分もあり成約率はかなり低いのが
現状です。
ここでのアドバイスは施工するにあたりどちらを優先するか?です。
1、とにかく安価に施工するには??
  ネット通販でタイルのみを購入し自分で敷き詰める方法!
  INAXを始めセキスイもユニット式と呼ばれ簡単にはめ込むだけで難しい事はありません。
  あとは、隙間の部分の処理だけです。(これが結構面倒です)
  モデルルームを良く見ると大抵はこの隙間部分はいいかげんに処理しています。
  玉砂利を置いてみたりと・・・。
  この隙間部分を妥協すれば絶対自分で敷き詰めた方が安く済みます。
  ここで一点気を付けなければいけないのが「強風対策工事」です。
  高層階やルーフバルコニー、手摺下に隙間があるバルコニーでは強風時に
  風によりタイルが巻き上がり吹き飛ぶ可能性もあるからです。
  ご自身の施工でタイルが吹き飛び歩行者等に怪我を負わせた場合はお客様に
  責任が及びますので良く考えてから施工しましょう。
  概ねこの「強風対策工事」はお客様自身での施工はできないと思います。(例外あり)
2、価格は諦めてしっかり工事をして貰う方法。
  これは専門業者さんに施工をお願いする方法ですが、当たりまえに綺麗に施工が
  できます。
  しかも現状を見極め状況に応じた施工もできます。
  また日本には「PL法」と言う法律もありますから事故の際は施工業者さんにも責任が
  分担される事があります。
  法律には疎い管理人ですが事故の際に施工業者さんが存在している事も必須ですので
  選ばれる業者さんの選択にも注意が必要です。
以上の事から考えると安価ばかりを考えると後から大きな「ツケ」が返ってきますので
気を付けて購入して下さい。

  

日時:2011年1月 9日 11:59

« 平成23年内覧会幕開けスタート!トップページへオプション会の説明に納得? »